フリーランス転職の赤字という落とし穴

エンジニアの方がフリーランスになる際には、「知り合いから、仕事が来るから収入に困ることはないだろう」と思っている方もいると思います。「仕事さえ取れれば、収入は得られるだろう」と思っている方もいるでしょう。しかし、フリーランスとして活躍する際には、どんなに仕事が入ってきても赤字となってしまうこともありますので注意が必要。
では、フリーランスエンジニアの赤字という落とし穴について、ご紹介します。

まず、企業勤めをしていた方は、どんなに仕事がなくても毎月決まったお給料をもらっていたと思います。しかし、フリーランスとなれば、当然仕事がなければ収入もなくなってしまいます。そのため、フリーランスになりたての頃には、仕事を取ろうと必死になる方が多いと思います。
「仕事が入ってきたから、これで安心だろう」と思う方も多いと思いますが、実はここに落とし穴があります。フリーランスとして仕事をする際には、仕事があっても赤字となるケースがあります。

例えば、仕事を請ける際には、受けるクライアントによっては支払月などが変わってきます。プロジェクトの進捗状況によって支払が変わることもあれば、今月仕事をしても入金は翌々月となることもあります。
そのため、仕事をしたからといって、必ずしも収入がその月に入るわけではないということ。そのため、赤字となる月もある可能性がありますので、これらも考慮した上で資金繰りを考えていくことが必要となります。フリーランスとなる場合には、運営資金などもしっかりと考えた上で、取り組んでいくことが必要ということです。

フリーランスエンジニアという働き方は、魅力もたくさんありますが、お金に関してはシビアな点もあります。
どんなに知り合いからの仕事を請けても、その企業に合わせた支払い月に合せることが必要ですから、これらも考慮した上で運営資金を考えていくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です